J-ENTERTAINMENT
放送番組をCHECK!

CREATIVE

プロデューサー、デザイナーなど、番組を制作する注目のクリエイティブ・スタッフを紹介。

Creative

  • Ikeda Hiroyuki (池田浩之)

    株式会社エイチ・ツー・オー カンパニー(代表取締役)
    番組エグゼクティブ・プロデューサー

    名古屋生まれ。グラフッィクデザイナーを経て、映画配給会社で数多くの作品の企画・宣伝に従事。
    1990年、株式会社エイチ・ツー・オー カンパニーを設立。エンターテインメントとアートのIPの事業化を主体とし、国内外で数多くの事業をプロデュース。受注スタイルではなく、自らの企画と資金で事業スキーム化を行い、アートとエンターテインメントを融合させた展覧会事業は、200回以上の開催を数える。1997年には格闘家のヒクソン・グレイシーとの出会いをきっかけに、榊原信行氏(現RIZIN代表)と共に総合格闘技の祭典「PRIDE」シリーズを開催。その後も「国際ファッション写真フェスティバル」、「キャラ博」、「ミッキーマウス展」、「くまのプーさん展」など、幅広いエンターテインメントIPを事業化。また、グループ会社と連携して、アミューズメント商品や環境製品など、様々なプロダクトを開発・製造を実施。これまでの海外諸国との事業経験を活かし、今回の番組では、日本の未来のエンターテインメントの為に、世界の舞台で活躍する可能性を持った、才能溢れる若手アーティストを世界中に紹介してゆく。

  • Shibata Tadashi (柴田 正)

    株式会社プロジェクト暁(COO)
    番組チーフ・プロデューサー

    愛知県生まれ。ロックバンド・ミュージシャン(ギター)としてライブ、レコーディングを中心に活動。その後、イベント・音楽・映像プロデューサーとして活動。1980年(株)ガネシ企画を設立、主にイベント事業を手掛ける。「大宇宙博」「大ゴジラ博」「ビートルズフェア」「チャップリン展」「大アマゾン博」「ホワイトシャーク展」他 1988年(株)サクセスエンタープライズと社名変更しドラマ編集、放送大学のディレクター、リサーチャー派遣(60名)や「ローリング・ストーンズ東京ライブ」、「ブルーススプリングスティーン特番」、「フィオナアップル特番」、「伝説のロック大全集」、「伝説のスーパースター大全集」「伝説のギターリスト列伝」等、洋楽番組の企画制作を手掛ける。(NHK)
    その他、主なプロデュース・アーティストとして、奥 則夫、テディ団、白虎隊、尾崎紀世彦、ウーパールーパー(商標登録願:第60783号)等を手掛ける。
    現在TV番組制作会社(株)プロジェクト暁 coo。

  • Kobayashi Hiroyuki (小林裕幸)

    株式会社小林プロデュース(代表取締役)
    番組アートディレクター

    1959年生まれ。
    早稲田大学卒業後、当時の西武流通グループの飲食関連企業において、店舗マネージャーを経て、本部スタッフとして、新店舗のオープンに携わる。
    1989年、東京・青山の複合文化施設『スパイラル』に新設されたプロデュース事業のプロデューサーとして、株式会社ワコールアートセンターへ入社。
    その後、スパイラル/株式会社ワコールアートセンター 取締役プロデューサー、常務取締役を経て、2014年にスパイラル館長、株式会社ワコールアートセンター代表取締役社長就任。
    2020年4月より、株式会社ワコールアートセンター代表取締役を退任しスパイラル館長。
    2021年4月から、スパイラル プロデューサー兼アドバイザー、株式会社小林プロデュース クリエイティブプロデューサー兼代表取締役社長。
    スパイラル内外の様々なイベント・展覧会のプロデュースを手掛ける。
    合わせて、施設や街づくりのプランニングやコンサルティングなど、文化全般に亘るプロデュースを手掛けている。

  • Kanda Keisuke (神田恵介)

    デザイナー

    Team ANOFUKU
    デザイナー神田恵介が率いるバーチャルキャラクターの衣装制作ユニットで、神田と兼ねてから交流のあるブランドやスタイリスト、インフルエンサーの有志が結集し本番組の為に結成された。

  • Nemoto Yasuhisa (根本 靖久)

    デジタルモーション株式会社(クリエイティブディレクター)
    番組キャラクター・アニメーション制作

    1997年4月1日生まれ。
    早稲田大学文学部社会学コース卒業。在学中はイラストやゲーム制作、グラフィックデザイン、イベント音響スタッフなどの活動を行っていた。
    また、在学中にデジタルモーション株式会社へ入社し、2D及び3Dアニメーション、3Dライブ制作などを経験する。
    卒業後、クリエイティブディレクターとして業務に携わり、Unityでの映像制作やモーションキャプチャを使用したモーション制作、映像や3Dモデルのディレクション業務を中心に行う。
    また、ベトナム人スタッフへの技術教習のため、ベトナム支社へ半年間出向していた。
    幼少期より親の影響で様々なコンテンツに長く触れており、短い業界歴ながらもコンテンツに対する視野の広さを活かして視聴者・ユーザーとクリエイターの双方にとって満足度の高いコンテンツを生み出すことを心がけている。